2017年6月19日月曜日

リカバリーがきくのであれば大丈夫!


またまた、しばらくぶりの更新です。

前回更新からこちら、

ケアマネジャーの実務研修や更新研修など、

介護職員上級研修に某法人の職員研修などなど

いろいろとお仕事をいただきました。


16日には、初めて大分県の日田市という場所に呼んでいただき、

ケアマネジャー協議会主催の研修で学びの時間を共有しました。

面接についてのテーマでしたが、

皆さん熱心に受講されていました。


日田の研修だけでなく、

いずれの研修でも感じるのは、

「正解探しをされること」

数回前のブログでも申し上げましたが、

対人援助のお仕事は、正解という物はなく

答えはクライアントと共に創り出す物だと考えています。

答えを先に用意するような物ではなく、

アセスメントの結果、導き出す物なのです。


そのことと関連しているのか、

完璧を目指している方が多いようにも感じます。


面接の応対でも、

「どの様に聴けばよいのか?」

「どういう質問が上手なのか?」

より完璧を求めておられます。


悪いことではありません。

が、
完璧でないから、尻込みされて

学んだことにチャレンジしない、

尻込みされて自ら実践することを遠慮してしまう。

それでは、なかなか上達は望めません。


まず、「完璧でなくていいんですよ!」と自分にいってあげてください。

それから、「リカバリーできるかどうかが、判断基準」とも。


面接は、ある意味、ゴルフみたいなもんです。

途中、バンカーに入ったり、ラフに打ち込んだり、

餅路ぬれ恣意ことではありません、

が、終わったわけではなく、

次のプレイで挽回可能です。


面接も、聴き方がまずかったり、

質問がうまくできなかったりすることで、

面接が終わるわけではありません。

そこからのやりとりでリカバリー可能です。

気をつけたいのは、

ゴルフでも不正行為をすれば失格になるように、

面接でも、相手が失望して、見限られるような応答は避けた方がよいと思います。

そのときに考えたいことが「バイステックの原則」だったりするのです。


そう、準備は怠らない方がよいに決まってます。

今日の仕事では、通常1時間チョットで行ける場所に

事故渋滞のために2時間かかりました。

2時間半前に家を出ていたので事なきを得ました。

もし間に合わなかったら、大変なご迷惑をおかけします。

でも、そのようなときにでも心からお詫びして、

丁寧に仕事をすれば大丈夫なこともあります。

あっ、決して遅刻してよいということではありませんよ!!


自分の心の中にも、余裕を見つけておくことが必要です。

ということです。

梅雨入りした後、雨がほとんど降りません。

田植えは終わっています。

水が切れれば大事です。

播磨地方は、元々雨が少ないのでため池がたくさんあります。

そう、リカバリーが可能なんです。





2017年6月8日木曜日

告知「目からウロコの事例検討会」

裵 鎬洙(ぺ  ホス)さんというお友だちがいます。この4月からお勤めしていた法人を辞められ、アプロクリエイト代表という肩書き一本で人材育成やコミュニケーション、認知症ケアの講師をされています。お勤めされていたときから活動はされていたし「"理由を探る"認知症ケア」という書籍もメディカルパブリケーションズから出版されています。
5月30日に、私の連れ合い いなまつ ゆか(心理カウンセラー・フリーランス講師)さんと一緒に3人で食事を楽しみました。対人援助や人間関係、コミュニケーション等々、楽しく語らい有意義な時間でした。
その翌日 ゆかさん が、「裵さんと一緒に事例検討とかしたら面白くない?!」と提案。
予てから ゆかさんは、介護やケアマネジメントの現場でターミナルケアや困難事例と言われるケースに、心理職が関わっていない(関われていない)ことに違和感を感じていたので、なおさら今回のアイデアが浮かんだのだと思います。

で、9月2日の土曜日 午後。やっちゃいます。
詳しくは心理スペース「ぽれぽれ」のホームページで❗️

2017年6月2日金曜日

なぜ、そうするのか?根拠を言語化すること。


5月28日に、所属している合唱団の定期演奏会を

盛会のうちに終えることができました。

ご来場くださった皆様、応援していただいた皆様ありがとうございまし


終わったとたん、ホッとしたのかお疲れ気味だったので、

火曜日、久しぶりに小野市の温泉「ゆぴか」に行ってきました。

珍しくすいていて、のんびりと入浴を楽しめました。

ぬるめの源泉(狭い浴槽なので3~4人でいっぱい)にも、の

のんびり疲れました。


源泉で、70代とおぼしきおじさま方と会話も楽しみまして、

「この辺りも昔は蛍がいたけど最近はもっと山奥に行かな・・・」とか

「広い方の浴槽で、泳いでいる子どもを見て、あらぁ楽しいわな。

 小さい時分は、よう風呂で遊んだ」みたいな。


そこで、ふと考えた。

温泉でも、公衆浴場でも

「浴槽にタオルをつけないでください」

「泳がないでください」

「走らないでください」

等々の注意書きがしてあります。

親はそれを見て「泳いだらあかん」「走るな」って注意(叱る)します。


私が小さいとき、父親は、銭湯などで

「今日は、すいているから泳いでも大丈夫」

「今日は混んでるからおとなしく浸かるように」

といっていたように思います。

そう、ケースバイケースです。


そうすると、父親がいなくても、

子どもなりに自分で考えます。

「今日はすいているから遊んでも大丈夫」とか

「今日は混んでるからおとなしいに入らんとあかん」とか、、、


こういう経験の積み重ねが自分で考えることにつながり、

行動の根拠がわかるようになるのだと思います。

「やったらダメ」と書いてあるからしないのではなく、

なぜ「やったらダメなのか」をわからなければならないのです。


昨日、老人施設の新任職員研修の演習でも

なぜ、このケア(介護)が必要なのか?

なぜ、こういうやり方をするのか?

そこに気付かなければ

一人前のワーカーには育ちにくいんですよね!!

2017年5月26日金曜日

自分の言葉で語ることの意味


またまたご無沙汰してしまいました。

10日以上、更新しなかったのは久しぶりですね。

ごめんなさい。


この間も、色々と研修でのお仕事をいただいて、

兵庫県の地域包括在宅介護支援センターの新人さんの研修や

いろんな地域で「気づきの事例検討会」、

滋賀県の高齢者施設のリーダー研修 等々


稲松の研修を経験された方は「当てられる」と表現されますが、

確かに個別にたくさん質問します。

その際、多くの人は一所懸命に考えて応えようとされるのですが、

同じくらい大勢の方が、考えずに正解を求めます。

小学生の宿題ドリルの答えのように模範解答ではなく、

自身の言葉で応えて欲しいのですが。。。



研修テーマの切り口は色々ですが、

お喋りしている内容は、

ほぼ「対人援助における基本的な視点・考え方」です。


「認知症ケア」でも「地域包括ケア」でも「事例の振り返り」でも

ベースのところで基本的なこと。

基礎となる考え方や知識・技術が必要になります。


もちろん基本的となる理念や理論・知識や技術だけでは実践は困難です。

が、その部分がなくては、それこそ実践は薄っぺらなものになります。


例えば、バイステックのいう「個別化」とはどういうことでしょうか?

テキストに書いてあるかいせつではなくて、

自信の言葉で説明できるでしょうか?

「QOLの向上」と言いますが、

では、「生活の質」と言うことを自分の言葉で語れるでしょうか?


自分の言葉で語れないことを実践できるのでしょうか?

おそらく無理でしょう!


ぜひ、自分自身の言葉で語れるように努力しましょう。

そして意識して実践しましょう。

でなければ、いくら学んでも実践には結びつきませんし、

力にもならないと思います。

2017年5月14日日曜日

家族の物語というプロセス


前回のアップから1週間以上空いてしまいました。

この間、GW・・・大型連休は終わってしまい、通常の日がやってきました。

うそ! フリーランスの私にとってGWはあまり関係ありません。

連休期間に研修をしようという方が少ないので、

そういった意味では影響はありますが。


連休後、11~12日と1泊で東京に行ってました。

若い友人の舞台「リア王」シェイクスピア原作を観るためもあるのですが、

何年かぶりに息子と娘と会って、

私たち夫婦も含めて、家族それぞれの今後の暮らしについて

話し合いするためもありました。


気がつけば、子どもたちも30手前、

役者を中心に表現者(パフォーマー)の道を歩んでいる彼ら、

親として応援はしますが、それぞれの暮らしもありますから、

今後どのように関わりを持つのかを確認する意味合いです。


家族の構成員それぞれにとって、

お互いがどのような存在であり、

関係性をどのように進めていくのか、

話し合いは必要だと思います。


自分自身の人生の物語にとって、

家族という共演者は

最も影響のある存在です。

そして、少し距離をとって俯瞰してみると

そこに家族としての物語があるのです。


対人援助の仕事をするときには、

他人の人生の物語を観ていくことになります。

その際、家族の物語も観ることは重要なしてんだと思います。














2017年5月5日金曜日

家族と楽しく暮らすには?!


「ゴールデンウィーク」

NHK的には、「大型連休」というらしい。

仕事の都合で休みではない方々への配慮らしい。。。


我が家には2日の夕方から

連合いの両親が和歌山から、

叔母さんと義理の妹、甥っ子が大阪から、

遊びに来てくれて、今日の午後大阪まで送ってきました。


日頃、夫婦二人で過ごしているので、

総勢7人暮らしとなると

賑やかで楽しいものです。

加えて、せっかく揃ったから

淡路島の「夢舞台」にでかけたり、

近くの薬師院というお寺の牡丹園に行ったり、

夜はBBQしたりと

楽しみごとも企画するわけで。。。

楽しくなるのも了解できます。


ただ、3日ほどの間だから楽しいのか?

ずーっと居ても楽しいのか?

難しいところですよね。


人数が多いと言うことは、

それだけここの思いもあり、

譲らねばならないことも出てくるわけですから。

何か決めるときにも、

話し合いが必要になります。

ちょっとの間だと思うと我を張らなかったり、

あ千絵の意見とする合わせようとしたり、

合意形成の努力をしているように感じます。


これってにっすが限られているからなんでしょうね!

ちょっと待ってくださいよ。

人生だって時間に限りがあるのですから、

家族と過ごす時間も限られているわけで、

やはり日常からコミュニケーションをとって

合意形成する努力は必要なんですよね、

楽しく暮らすためには!!


2017年5月1日月曜日

休みたいけれど休めない、、、意識して休息しましょう


5月1日、新しい年度に入って1ヶ月が過ぎました。

新人と言われる人も新しい環境で、

ようやく普通に息ができる感じでしょうか?

異動になった方も、新しい部署での仕事の流れをつかんだ頃でしょうか?


新しい環境にのぞむときに、

「さあ、新たな気持ちで取り組むぞ!」

と思われた方も、

「未知の世界で不安やなぁ」

と感じた方も

色々だと思います。


が、ポジティヴであれ、ネガティヴであれ

それぞれに疲れが見える時期ですよね。

そして、この「疲れ」は、

身体だけではなく心の面でも疲れが感じられるものです。


連休で一休みできる人は、

身体も休めるし、心も休めるチャンスです。

そして、仕事に復帰するときに

「大丈夫、休養したから!
 
 小さくていいから、また一歩」

って呟きましょう。


疲れてはいるけれど連休ががない方は、

深呼吸してから、

「歩幅は小さくても、一歩は一歩!」

と呟きましょう。


「ゆっくりでも、止まっていても、前を向けていればOK」

あせらない、あわてない、あきらめない、、、、

気合いを入れ直すのではなく、

歩幅を整え直そうと考えて見てはいかがでしょうか?

色々な休息の取り方、自分なりの力の抜き方を考えることがいるかもしれません。