2017年4月27日木曜日

「介護嫌がる親を変える魔法の言葉」???


本日は決まった予定はなく自宅でのんびりと過ごしています。

で、朝からテレビを見たり何ですが、

NHK「あさイチ」の特集で、

「親の介護向上作戦」というのをやっていました。


「親の介護が向上する」

素晴らしいことだと思います。


が、何を持って「向上」とするのかはよく考えなければなりません。

介護を行うのは家族だったりするのですが、

介護を受けるのは主体者である本人だからです。

介護を受ける立場、する立場の両方の視点が必要であることが大切です。


その上で、作戦を立てることは大切です。

私にとって「作戦」=「ケアプラン」です。

ですから、

ケアプランを作って行くプロセスには

主役である「利用者」本人や家族も関わるのが原則だと思うのです。


今日の番組に大きな問題は感じなかったのですが、

タイトルに「介護嫌がる親を変えた魔法の言葉」と謳っているところは

要注意と感じてしまいました。

「魔法の言葉」なんていうと、

「介護を嫌がる親には、こういう言葉を使えば必ず上手くいく」

みたいに感じる人が、家族のみならず専門職でも勘違いする人が出てくるからです。


確かに、「個人にとってモチベーションを上げるキーワードが存在する」

ということは、私も経験してきたことですし、否定しません。

ただし、それには個別性があって、

「その人にとって」というところが肝です。

要するに、しっかりアセスメントして、

その人らしさに近づく目標設定がされて初めて「言葉」が生きてくるのです。


番組の中では、渡橋のケアマネジャーMさんが上手に開設されていましたが、

タイトルや新聞のラテ欄だけを見ると誤解されてしまう可能性もあります。


専一も書いたように「唯一の正解」は存在しません。

対人援助の答えは、

一つ一つ考えて、話し合って、作り上げていく事が必要です。

そのしんどい作業を通らなければならないので、

ただでもしんどい目をしている本人や家族の支援者として

毛尼苑ジャーが必要なんです。


2017年4月23日日曜日

地域包括ケアシステムは事例から積み上げる


今日は午前中に面接が一つありました。


ケアマネジャの研修内容が一新されて2年目。

更新研修の中で、個々の事例を振り返る演習が繰り返されます。

そして事例の課題の中から地域課題を探る演習が組まれています。

とても真っ当な地域課題抽出の方法・仕方です。

そこから、個々の事例の課題を解決するための

チームケアの連携が重なってはじめて、

地域課題を解決するためにどのような連携のシステムが必要かが見えてくるのです。


地域包括システムが必要だからと言って、

先に既存の専門職団体で話し合って仕組みを作り上げてはいけないのです。

なぜなら、そうやってシステムを作ると

そのシステムに個々のケースを当てはめようとしちゃいますから。


それってサービスオリエンテッドの発想でしょ!!

ソーシャルワークの基本はニーズオリエンテッドなんです。


今後、ますます地域におけるケアシステム等が創られていくのでしょうが、

地域のニーズに即したもの、

もとを正せば、個々のニーズにつながったものになるよう

常に意識して欲しいものだと感じています。

2017年4月20日木曜日

面接での質問には根拠が求められる


今日は午前午後と、

兵庫県主任介護支援専門員更新研修Aコースの演習指導でした。

昨日からスタートして、演習は本日が初日です。


主任更新研修では全員がケアマネジャーを指導というか、

相談を受けた事例をまとめてくる宿題が出されていて、

基本はその事例を用いて支援者支援を振り返ります。

その演習を通じて日頃の実践からの個々の学びを行うと共に、

個別事案からケアマネジメント全般に見られる課題であるとか

最終的には、地域における課題にまで視野を広げる狙いがあります。


本日は、カテゴリーにマッチした提出事例が少ないことと

演習の流れを理解していただくためにという理由もあり、

模擬事例を用いて演習をしました。


事例をひもとくためには、

再アセスメントによって人物像を広げたり、深めたりします。

そのためには質問を考えるプロセスの演習を組むのですが、

実際に質問を考えても模擬事例ですから答えは返ってきません。


なのに何故この演習に取組みグループで考え方を共有するのか?


それは質問の根拠を確認するためです。

つまり、どのような理由で、何が知りたくて、この質問するのか。

といったことをしっかりと押さえておきたいからです。


支援者支援における面接も、

ただ漫然と相談の話しを聴き、質問するわけではありません。

個々の事例を理解するためには、

どのような情報がわかっていて、

どのような情報がまだ確かではないのか、

今の情報から考えれば、この事例はこのようになっているのではないか?

等々、常に頭はフル回転で働き、そこから質問が生まれるはずです。


模擬事例であっても、

質問の根拠はトレーニングできるのです。

残りの演習も、心して取り組んでください。

そして、気づきと学びを持ち帰ってください。



2017年4月17日月曜日

自らのジャッジを求めない姿勢


昨晩、テレビを見ていて

北野武さん(漫才師ツービート・映画監督)が

ピカソの絵画を見ながらお話しをされていた。


その中で、晩年のピカソが

「やっと子どもの絵が描けるようになった」

と発言したことに触れて、

「自分で気にいったとか、気に入らないとか関係なくなったんじゃないかなぁ」

みたいなことをいわれていたと思う。

言い換えると

「自分で自身の絵をジャッジしなくてよくなった」

ということだろうか。


「自分の感じているモノを、

 思いのまま描いて、

 そこに善し悪しはなく、 

 そのままである」

ということなんだろうか。


私などは、

自分で何か行うたびに

出来栄えを自己評価(多くは上手くいかなかったいいわけ)して、

他の人には「このように理解してください」注釈をつける。


ピカソは自信の作品について

「見る人の目で捉えて、理解してもらえばよい」

みたいなことを言うのだ。

なんて格好いいんだろう!


人はジャッジされることを恐れ、嫌い、拒む

が、ジャッジがないとそれはそれで不安になるもの。

そういう部分に囚われない域にまで到達した人なんだろう、ピカソは。

明恵上人がいう

「阿留辺幾夜宇和」というのも

こういうところを目指しているようにも感じる番組だった。

2017年4月15日土曜日


今朝、テレビ「にじいろジーン」を見ていて、

変身のコーナーで、

「ある女性が父親の板金工場を継いで社長に。

工場の職人の方々とコミュケーションをとることに努力する。

と、息子や娘とのコミュニケーションが希薄になる」

という話しがあった。

これは物語のほんの一部分で、

その後、子どもたちも協力して成功するお話しだが、、、


テレビ見ながら、

福祉の仕事している人や

ボランティア活動している人で

熱心に活動することに目がいって

家族の方にエネルギーが回らない人を時折見ます。


もしかしたら、サラリーマン福祉職員時代の自分もそうだったのかも。。。


これって、しんどいですよね。

自分の持っているエネルギーは

分散しておいた方が楽ですよ。


心という器の中にエネルギーが入っていて、

エネルギーを一つの方向にだけ向けるとバランスが崩れるから。

集中して物事に取り組むときは仕方がありませんが、

一区切りつけて違う方向にもエネルギーを使って

バランスをとるように心がけた方がよいですよ!!


これは、初期のストレスマネジメントになります。

かなり散ってしまいましたが

桜を見てぼうっとするのだって大切なんです。

2017年4月12日水曜日

新しい道に踏み出す時には、自分を褒めてあげてね!


昨日は大学が新年度が始まった記事でした。

新年度、SNSやメールなどで、

近況報告をくださる方もいまして、

異動のお知らせを 抱負も合わせてくださいます。


新しい部署に変られて前向きに捉えて歩みを進める方の中に

「稲松さんが背中を押してくださったので・・・」

とおっしゃるのですが、

こちらとしたら、「顔晴って欲しい」とエールを送る意味で、

「どのような場所でも、自分らしくあれるようにしたいね」

などと言葉をかけているだけで、

結局のところ決定しているののはご本人なのです。


そう、自己決定されているのですが、

承認が欲しいんだと思っています。

私は、決定された事に関して、いくらでも承認しますよ!!

話も聴きますし、応援もします。

でも、決めたのご自身です。


ご自身で考えて、決めて、実践しようとされているのです。

ご自身でも、そうすることができた自分自身を褒めてあげてくださいね。

こう言ってあげてください。

「おいっ自分、よう決めたなぁ。偉いっ! ようやった!! 乾杯!!!」

ってね。

2017年4月11日火曜日

大学での授業が始まりました。


今年も本日から大学が始まりました。

2011年度からお受けした非常勤講師も7年目です。

「ケアマネジメント論」前期15回です。


お受けした頃はサービス産業学部に社会福祉を学ぶ学科があり、

多くの学生が社会福祉士を受験ていたのですが、

途中から学部の再編等があって

今年度の4回生が最後の学生です。

年々、理由する学生が減っていたのですが、

今年度は、履修登録4名です。

うち本日 授業に出席した学生は2名でした。


「ケアマネジメント論」自体が選択科目で、

国家資格取得の必須ではないこともあり、

また、社会福祉を志す学生が減少する中で、

しかも、火曜日の1限という出にくい時間、

学生は少ないですわ。


でも、そんな状況の中、履修して、授業に出てくる学生ですから

精鋭に違いないと確信しつつ授業に臨みました。


通常の大きさの教室(50名くらい入るのかな)に

私と学生2名の3人です。

正直「さみしいかさみしくないか?」と問われれば、

まぁ、さみしいです。


しっかりアイコンタクトをとりながら、

問いかけにもしっかりと応えてくれて、

内1名は福祉職を目指しており、

もう1人も、営業職につきたいといいつつ興味があると

積極的に質問に答えてくれる。


そうです。

クライアントがいないと対人援助職が成り立たないように、

学生街内と教員はつとまらないのです。

ぜひ、この優秀な2名の学生が、

願わくば、後残りの2名も

出席くださることを祈りつつ、

どうせのことなら一般人や現役のケアマネジャーや対人援助職者に

オープンにしてくださればと思う稲松でした。